ケアマネージャーが知っておきたい医療系サービス

居宅療養管理指導の実践と活用

医師による居宅療養管理指導を、ケアマネジャーがアプローチして
ケアプランに位置づけることは殆どありません。
ですが、まず、前提となる訪問診療をしてくれる医師を探さなければならない場面は少なくありません。

 

訪問診療自体を知らない利用者や、重篤な病気でないと訪問診療は使えないと勘違いし、
大変な苦労をして通院しているケースも多くあることを考えると、
ケアマネジャーの役割は大きなものであるといえます。

 

訪問診療の前提となる訪問診療をしてくれる医師を探す手段としては、色々な方法があります。

 

地区の医師会が訪問診療を行っている医師を紹介してくれる事もありますし、
地域のケアマネ連絡会などで評判の良い医師を教えてもらったり、
知り合いの訪問看護師に聞いてみる事もできます。

 

居宅療養管理指導を算定していても、連携への積極性には差があるので、
きちんと連携してくれる医師を探したいものです。

歯科医による居宅療養管理指導の重要性

健康に気を使っているという高齢者であっても、口腔ケアには無頓着なことが多くあります。

 

例えば、入れ歯が合わない、嚥下に問題があるという場合の誤嚥性肺炎の予防などはとても重要で、
訪問歯科診療を提案するメリットはとても大きいです。

 

もう歯がないからいいよ、柔らかいものしか食べないからいいよ・・・などと、
利用者側に断られてしまう事も少なくないのですが、
無料の歯科検診を実施しているところもあるので、一度効果を実感してもらい、
訪問歯科診療の重要性について話をしてみる事も必要です。

 

訪問歯科診療を行う歯科医は、地区の歯科医医師会が紹介してくれます。
そして、居宅介護支援事業所への営業も積極的に行ってくれるので、
歯科医に関しては探すのに苦労をすることは殆どありません。

 

また、居宅療養管理指導は、訪問歯科診療と共に導入されることが多いです。

薬剤師による居宅療養管理指導は認知症の利用者に有効

薬局や薬剤師による居宅療養管理指導は、
飲み忘れや飲み違いが出てきた認知症の利用者にとって、とても友好的なものであると考えます。

 

一日三回を一回で飲むように相談にのってくれたり、
薬の一包化を図ってくれたり、生活に合った薬の飲み方をアドバイスしてくれたりします。

 

ただ、薬剤師による居宅療養管理指導を行ってくれる薬局は、まだまだ少ない現状があります。

 

地区の薬剤師会が紹介してくれる事も少ないので、
薬局の一覧を片手に電話で問い合わせるなど、ケアマネジャーが
自分で居宅療養管理指導を行ってくれる薬剤師・薬局を発掘することが必要です。