ケアマネージャーが知っておきたい医療系サービス

居宅療養管理指導の概要

居宅療養管理指導は、通院ができない利用者さんに対して、
自宅に訪問し、生活の様子を把握した上で、療養上の管理や指導を行うサービスです。

 

居宅療養管理指導の導入は、ケアマネジャーがアプローチすることは殆どなく、
医師が決定することが多いです。

 

医居宅療養管理指導は、療保険の往診や訪問医療のように治療を行うサービスとは異なり、
治療や投薬、検査などということはせず、
介護サービスの利用や介護方法についての助言や指導、
つまり在宅介護の療養面についてのアドバイスを行うものです。

 

そして、居宅療養管理指導は、医療と介護をつなぐためのサービスともいえ、
必要な情報を提供することがケアマネジャーに求められます。

居宅療養管理指導の対象となる利用者

・心不全や糖尿病、慢性腎臓病、かん、褥瘡など、治療が難しい病気を持っている。

 

・脳卒中や嚥下障害など、症状が不安定で悪化、再発、合併症を起こしやすい。

 

・在宅酸素療法、気管カニューレ、胃ろうなど、生命維持に必要な器具をつけている。

 

・リハビリを必要とする。

 

・入院入所の判断を必要とする。

 

・歯や口腔内および栄養の問題がある。

 

・病気にかかりやすい。

 

・心理的にせん妄が合ったり、認知症があるなどで不安定。

居宅療養管理指導の実施専門職とサービス内容

医師や歯科医師による医学的管理指導

 

居宅サービスの利用に関する留意事項や介護方法、
その他必要な事項を利用者や家族に指導したり助言をしたりします。
ケアマネジャーへの情報提供もします。

 

薬剤師が行う薬剤的管理指導

 

医師または歯科医師の指示に従い、薬の保管状況や残薬・服薬状況、重複投薬などの確認、
服薬の支援などの薬学的管理、指導を行います。
サービス実施後は、医師に報告をします。

 

管理栄養士が行う栄養指導

 

医師の指示に基づき、栄養ケア計画の作成など、栄養管理に関する情報提供や助言、指導を行います。
サービス実施後は、医師に報告します。

 

歯科衛生士などが行う歯科衛生指導

 

歯科医師の指示に基づき、口腔内の清掃や有床義歯(入れ歯)の清掃に関する指導を行います。
サービス実施後は、医師に報告をします。

 

看護職員が行う療養上の相談・支援

 

医師が必要と認めた利用者に対し、療養上の支援や相談を行います。
医師とケアマネジャーに情報提供を行います。
使い所が分りにくいサービスですが、「お試し訪問看護」としての利用が想定されています。

 

居宅療養管理指導の導入は、ほぼ医師が決定します。

 

居宅療養管理指導の導入は、医師が必要と認めると基本的に利用者やその家族の同意を得た上で、
医師または歯科医師が決定します。
看護職による場合だけは特別の場合で、主治医意見書の「看護職員の訪問による相談・支援」にチェックがあります。
または、「特記すべき事項」に記載があり、
サービス担当者会議で必要が認められると利用することができます。

 

特に口腔ケアは抜けがちで、歯科医師や歯科衛生士の居宅療養管理指導は重要です。