ケアマネージャーが知っておきたい医療系サービス

訪問看護サービスの概要

訪問看護とは、看護師、または理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が
利用者の自宅を訪問して行う生活支援や医療処置を行うものです。
これらの医療処置を行うためには、主治医の訪問看護指示書が必要です。

訪問看護の業務内容

@ 病状の観察と情報収集。

 

A 入浴介助・清拭・排泄援助・体位変換・歩行の援助・食事の援助・衣服の着脱など療養上の世話。

 

B バイタルサインの測定、状態観察、薬剤管理などの診療補助。

 

C 病気や障害の需要などの精神的支援。

 

D リハビリテーション。

 

E 家族支援。

 

F 介護方法や医療処置などの療養指導。

 

G 在宅での看取りの支援

訪問看護のサービス導入の流れ

主治医が訪問看護を必要と判断した利用者について、
訪問看護ステーション(病院、診療所)に訪問看護指示書を交付することにより、
訪問看護サービスが開始されます。

訪問看護は医療保険か介護保険か

訪問介護は、殆どの場合、介護保険の利用者であっても医療保険となります。

 

医療保険の訪問看護となる場合

 

@ 急な症状の悪化や退院直後などで、主治医が頻回な訪問看護を必要と認め、
 特別訪問看護指示書を発行した場合(14日間が限度)。

 

A 以下の疾病や状態の場合

 

末期がん、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、パーキンソン病関連疾患、多系統萎縮症、
多発性硬化症、重症筋無力症、スモン、ハンチントン病、プリオン病、進行性筋ジストロフィー症、
亜急性硬化症全脳炎、後天性免疫不全症候群、頸椎損傷、ライソゾーム病、人工呼吸器を使用している状態、
副腎皮白質ジストロフィー、脊髄性筋萎縮症、球脊髄性筋萎縮症、慢性炎症性脱髄性多発神経炎。

 

なお、医療保険と介護保険の訪問看護は同時に利用することはできません。

訪問看護I5と通所リハビリ

訪問看護I5は、訪問看護ステーションが提供する訪問リハビリです。

 

訪問看護I5は、あくまでも訪問看護としての扱いとなるので、
必要が認められないとできない通所リハビリとの併用が可能です。
そして、手続きも通常の訪問看護指示書のみで可能です。

 

ですが、看護の一環としてのリハビリという位置づけのため、
リハビリの回数が訪問看護の回数を超えてはならないと定められています。

 

しかし、行政によっては、リハビリだけでもOKとしているところもあり、
いわゆるローカルルールとなっているので確認が必要です。