ケアマネージャーが知っておきたい医療系サービス

短期入所療養介護の概要

短期入所療養介護は、医学的管理、看護の下における介護および機能訓練、
その他必要な医療等を受ける必要がある人が利用するショートステイサービスで、
疾病に対する医学的管理、リハビリテーション、介護者の負担軽減(レスパイトケア)、
装着された医療機器の交換・調整、認知症利用者への対応、急変時の対応などの目的で利用することができます。

 

短期入所療養介護のサービス提供機関は、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、
療養病床のある病院や一定の基準を満たした診療所です。

 

短期入所療養介護は、原則として、短期入所生活介護に比べると、
胃ろうや、中心静脈栄養など医療依存度が高い人の利用に対応します。
そして、24時間のモニタリングやサービスができる入所施設であるという点を活かし、
生活のリズムを整え、低栄養など栄養不良を改善するなどの目的での利用も可能です。

 

介護者の負担軽減(レスパイトケア)も含め、
訪問や通所サービスを組み合わせることで、在宅生活の長期継続が可能になります。

 

認知症行動や心理症状緊急対応加算、緊急短期入所受入加算、重度療養管理加算、
若年性認知症利用者受入加算などがあることをみても、
重度の利用者や、認知症の利用者に対し、緊急的に対応できる受け入れサービスの役割も期待できます。

 

ケアマネジャーは、地域ケア会議などのあらゆる機会を通じ、
そのような機能を果たすように働きかけていくことが重要dす。

 

そして、短期入所療養介護の利用に関しても、通所リハビリと同じように、
サービス利用の条件となる書類の作成に、診療情報提供文書料がかかるので、
事前に説明しておくことが必要です。